総裁からのメッセージ

アフリカ開発銀行グループ総裁からのメッセージ

私は、アフリカ開発銀行グループの総裁に選出され、その後2015年9月1日に就任して以来、前任のドナルド・カベルカ氏の功績に立脚しつつ、任期中に当行の「10ヵ年戦略」の遂行を加速させるビジョンを語ってきました。AfDBグループとアフリカに奉仕する特別な栄誉を私に与えてくださった総務会に、この場をお借りして感謝申し上げます。

AfDBグループ年次報告書では、コモディディ価格の継続的な下落や複数のアフリカ諸国でのエルニーニョ現象に起因する天候不順などのグローバル・地域レベルでの逆風の中、2015年のアフリカの経済パフォーマンスが示した強靱さ(レジリエンス)に言及しています。アフリカにおける実質GDP成長率は平均3.6%で、アジアの新興・開発途上国の6.6%に続く世界第2位です。また2015年に世界で最も著しい成長を遂げた上位10ヵ国のうち、5ヵ国がアフリカの国でした。しかし、この大陸は多数の課題に直面しています。格差は依然として大きく、貧困、飢餓、栄養不良には根深いものがあり、インクルーシブな成長と、特に若年層における雇用創出を加速すべく、一致協力した努力が必要です。

こうした課題を克服するために、私は10ヵ年戦略の拡大実施として、優先的な開発アジェンダの5本柱、「ハイファイブ(High 5s)」を掲げました。すなわち、アフリカの「電化」、「食糧増産」、「工業化」、「地域統合」、「人々の生活の質の向上」です。

また2015年の第4四半期に、AfDBグループはパートナーと共に、アフリカのエネルギー普及のための新政策「ニューディール」を策定しました。これは、2025年までにエネルギーへのユニバーサル・アクセスを実現すべく、革新的パートナーシップの構築を目指すものです。同様に、AfDBグループはダカール・ハイレベル・カンファレンスを招集し、食料不足に取り組み、アフリカ農業変革に向けた農工業化プロセスを創案するための、行動計画書を作成しました。さらに、若年層の雇用を増大させるための「アフリカ若年層のための雇用 (Jobs for Youth in Africa) 」イニシアティブ、女性が所有する企業を支援する「アフリカ女性のための優遇融資措置 (Affirmative Finance Action for Women in Africa)」イニシアティブを開始しました。加えて、域内バリューチェーンの支援、高品質な域内インフラへの投資によって、アフリカ市場の統合に対する障壁に取り組んでいきます。

グローバルな金融環境で逆風にさらされながらも、AfDBグループは強固な財務ポジションの維持に努力するとともに、ポートフォリオの質を改善しています。AfDBグループの優先債務はAAA格付けが据え置かれ、安定的見通しとなっています。これは、健全な自己資本比率と堅実な金融・リスク管理を確保するために導入されている措置の確かさを証明するものです。その結果、AfDBグループは「10ヵ年戦略」における重点分野への戦略的注力を維持しています。2015年の資金供与コミットメントは、2014年の70億米ドルから25%増加して88億米ドルとなりました。承認のほぼ半分は、インクルーシブな成長の前提条件となるインフラ開発に向けたものです。

コートジボワール・アビジャンへの本部移転は無事に完了し、2015年末までに1126名の当行職員がチュニスから戻りました。チュニスで運営していた11年間の、チュニジア政府と国民の皆さまの温かいホスピタリティに今なお感謝しきれません。また本部のアビジャン移転を促進してくださったコートジボワール政府にも感謝いたします。

最後に、株主とパートナーの皆さまから変わらぬご支援をいただいていることに特別な感謝を捧げたいと思います。また、理事会、管理職、職員たちの貢献と努力にも感謝を捧げたいと思います。


Akinwumi Adesina アキンウミ・アデシナ
アフリカ開発銀行グループ総裁